神納花 緊縛状態で続く拷問!!囚われた女は被虐の快楽に溺れていく

 

家政婦として雇われていた花は、雇い主である夫婦の調教を目にしてしまう。

その苦しみと快楽の様子を見てしまった花は心を奪われてしまい、自身が囚われ緊縛され同じように拷問を受ける幻想に魅せられてしまう。

そして、現実と幻想の見境をなくした花は水責めを受け宙づり緊縛をされ、被虐の快楽に徐々に目覚めていくのだった。

↓動画を見るならこちらをクリック↓

・動画タイトル:女囚幻想 神納花
・主演女優:神納花
・メーカー名:S&Mスナイパー
・監督:魁
・画質:HD版 通常版

家政婦の花は主人の夫婦が緊縛セックスしているのを覗き見てしまう、そして徐々に花も自分自身が縛られる事、調教されることを望んでいくという設定の作品です。

作品の設定はそれほどマニアックではありませんが調教モノとしてはある種王道の作品という感じで楽しめました。

最近多い感じの道具を使いまくる調教作品と違って、アナログなアイテムをふんだんに使った和風な展開が個人的な好みでした。

基本的なプレイは緊縛状態での苦しみを与えられる拷問調教と羞恥心を煽るような辱しめ調教がメインです。

拷問調教では天井へ手足を緊縛され吊るした状態でお腹へ石を括り付けられて、さらに蝋燭責めを受け叫び声をあげる様子は圧巻です。

さらに水責めや、三角木馬での責めなど古典的な責めがしっかりと展開しているため、花さんの持つ雰囲気にマッチしていて良いですね。

また縄での緊縛をメインにした責めでこれだけ艶っぽさを出してくれる女優さんは少ないのでこの作風にマッチしているのも最高です。

マニアックなプレイはというと両手足を拘束された状態での山芋すりこぎでの性器への責めです。

バイブではなく山芋というなかなかにマニアックな責めですが、興奮より面白さの方がすごかったです。

あとは巨大な十字架への磔など大掛かりな拘束器具を使用した緊縛も見ごたえは十分で様々な拘束・緊縛を楽しめます。

世界観は主夫婦の倒錯SEXを覗いてしまい自分の中のマゾ性がどんどん高まっていく様子がしっかり描かれているのでその点からも楽しめます。

作品全体を通しての感想としては緊縛責めが好きな方であれば存分に楽しめると思います。

ただ、色々な責めのバリエーションを見たいとか激しめのハードプレイを楽しみたいというような方には物足りないのかなというのが正直なところです。

個人的にはこういった和風な責めの展開が好きなので十分楽しめましたし、神納花さんの身体を存分に楽しめたので見て損はなかったと思っています。

>>動画本編を見るこちらから

タイトルとURLをコピーしました