ASUKA 緊縛され苦痛と羞恥の中でマゾの悦びを調教される女

 

地下牢に緊縛された女は苦痛と羞恥の中で悦びの声をあげる。

様々な体位で緊縛と蝋燭責め、果ては浣腸といった恥辱の限りを尽くした凌辱は女のプライドを砕き、マゾとしての被虐の快楽を目覚めさせる。

↓動画を見るならこちらをクリック↓

・動画タイトル:SM獄窓 Vol.13
・主演女優:ASUKA
・メーカー名:アヴァ
・監督:森田晋
・画質:通常・低画質

SM獄窓のVol.13ということでこれまでのシリーズの流れを汲み、地下牢で緊縛された女たちが恥辱と苦痛にまみれた凌辱を受け続ける本作品。

緊縛が好きな方には素直におすすめ出来る作品です。

さまざまな体勢で緊縛され犯されるシチュエーションがあるため、緊縛欲求は満たしてくれるという印象です。

それ以外のプレイはというと蝋燭責めと浣腸責めがメインの責め方でした。

浣腸責めはジャケットの表紙にある足を持ち上げた拘束状態の為、ばっちり挿入から吹き出しまでを見ることができます。

拘束以外の責めはそれくらいなので浣腸やアナル調教が好みとか、道具を色々使った責めを見るといった作品ではなく、色々な体勢で羞恥心を煽りながら反応をみる作品ですね。

そのため拘束のパターンは豊富です、先にも言った通り色々なパターンの体勢をとらせてそこで苛めたときの反応を楽しむ作品です。

そこを勘違いしていると単調に感じる人がいるかもしれません。

全体を通して自分が気に入った部分としては女優さんの身体です。

肌がきれいでボディラインも痩せすぎず、プリプリというかむっちりというか触りたくなるような体です。

おっぱいのサイズも大きめなので責められるたびにおっぱいがしっかり揺れていてついつい見入ってしましました。

なので個人的に好みのシーンはバックの体勢で片足をあげた状態で拘束されている場面です。

見えない位置からバイブで責められてあえぐシーンではおっぱいを強調したアングルで撮られているのでおっぱい好きは興奮できるはずです。

けど、おっぱいがきれいな女優さんなのにおっぱいを責めるシーンはほぼないのが残念でした。

あとはあえぎ声が少し気になるかなと感じました。

特に気にしないよという方もいるとは思いますが、抑揚がないというのかどのシーンでも同じような感じ方というか反応だったので気になったそんな印象です。

色々なSMを要求する方ではなく、緊縛モノが見たいという欲求を持つ方へ向けた作品といった印象なので見る人は選ぶと思います。

全作品を見たわけではないので偉そうなことは言えないのですが、このシリーズの視聴者が求めている作品には仕上がっていると思います。

自分は女優さんの身体が好みだったので楽しんでみることができました。

>>動画本編を見るこちらから

タイトルとURLをコピーしました