飼育されている超ド変態女子大生が自らを拘束恥辱オナニー!

 

超ド変態、超ドMの女子大生のケイコが自らを撮影、拘束して変態オナニーをする、素人の生々しさタップリの作品です。

拘束も手馴れている感じで日頃からアブノーマルな性癖をもった変態女子大生であることがよくわかります。変態オナニーで喘ぐケイコを楽しめる作品です。

↓動画を見るならこちらをクリック↓


動画タイトル:家畜女子大生の飼育記録 第一章 前編 自縛
主演女優: ケイコ
メーカー名: 三和出版
監督: 不明
画質:640×480pixel
ド変態オナニー好きなケイコが、生活感が丸出しな部屋でポツンと一人で変態オナニーを見せてくれる作品です。

淡々と自らを縄で拘束していきます。自らのおまんこに電マを固定して、オナニーを始めます。

徐々に吐息が荒くなっていき絶頂を迎えていきます。部屋の生活感と生々しさが、素人好きをそそる、演出となっています。

ケイコの反応も淡々としていますが、その自然な感じの喘ぎ声は、とてもリアルそそられます。

パンツ姿で自らを束縛した姿は、とてもエロくみえました。豊満のダイナマイトボディではありません。

適度に痩せて貧相なおっぱいですが束縛されることによってエロく浮かびあがっていてとてもyかったです。

また拘束作業を自らおこなっているのでよくみる束縛調教物のように綺麗におっぱいが強調されるわけではなく、ぶっきらぼうにおっぱいの形がくずれているのもよかったです。

体操服姿も貧相なロリ体型によく似合っていてとてもリアルでした。個人的はツインテールの方がもっとよくあっていたと思います。

椅子に固定された、ディルドをフェラチオしたりもしています。体操服でチンポを咥え込む姿もよく、実際のチンポも咥えてほしかったです。

作品全体のシチュエーション、部屋に放置した女子大生の飼育を観察といった描写なのでドMとしてのカラミはありませんがこういった描写でMを表現できるのかと新鮮でした。

パンツの上から縄で縛った時はもっとまんこに縄を食い込ませてマンスジを浮かびあがらせて欲しかったとも思います。

生活感のあるリアルな部屋で淡々とオナニーをしていくというシチュエーションはよかったのですがもっと気持ちよくなっている表情を見たかったと思います。

変態女子大生の変態オナニーをノゾキ見したいとう、ノゾキフェチの方にはとてもお勧めの作品だと思います。

個人的にはマンコに玩具を挿入するシーンがもっとあれば、更にエロく興奮したと思います。続編も大変楽しみになる作品でした。

>>動画本編を見るこちらから

タイトルとURLをコピーしました